支店紹介
 
事業所一覧
 
  旭川支店   岩見沢支店   恵庭支店   小樽支店   帯広支店   北見支店
  釧路支店   札幌市内各支店   空知支店   苫小牧支店   名寄支店   根室支店
  函館支店   室蘭支店   紋別営業所   八雲支店   留萌支店   稚内支店

〒050-0081 室蘭市日の出町2丁目1番14号
tel 0143-44-1581
 
fax 0143-45-1310
 
*営業時間 08:30-17:30
*組織 医薬営業本部
道央地区
 
*2008年7月22日、株式会社竹山室蘭支店と拠点を統合いたしました。


室蘭支店は、支店長とMS(営業担当者)7名、管理18名の総勢25名からなる支店です。
室蘭は、今年洞爺湖サミットが開かれた洞爺湖温泉と、全国的にも有名な登別温泉という観光名所に囲まれた街です。

支店の営業エリアは、東はプロボクシングで有名な内藤選手の出身地である豊浦町や、洞爺・大滝・壮瞥(そうべつ)・伊達・登別・そして室蘭市内となっております。

昔は室蘭といえば、新日鉄・日本製鋼所といった「鉄のイメージ」しかなかったと思いますが、最近は・・・
・ 白鳥大橋(強風で通行止めになることもしばしば・・・)
・ 地球岬(初日の出スポットで有名)
・ 室蘭焼き鳥(焼鳥だけど豚肉!タレ・玉ねぎ・カラシのコラボレーション)
・ 室蘭カレーラーメン(白いシャツで食べるのは危険です!)

など、見どころ食べどころ満載です。近くにお越しの際は、是非、観光・グルメを堪能していただきたいです。

そんな室蘭地区で、これからも支店長をはじめ室蘭支店一丸となって地域に貢献していければと思っております。
(2009年1月 ほくやく室蘭支店 M)



 室蘭の語源は「小さな坂道の下りたところ」というアイヌ語の「モ・ルエラニ」から転化したものと伝わっています。崎守町仙海寺(さきもりちょうせんかいじ)前の坂がそのゆかりの坂とも伝わっています。明治5年、北海道開拓計画の第一歩として、函館〜森〜室蘭〜札幌 を結ぶ札幌本道の開削のときに、トキカラモイ(現・海岸町)に木造桟橋を築いたのが室蘭港(室蘭海関所設置)の始まりです。また安政元年、ペリー総督指揮の武装運送船サザムプトン号、明治元年、幕府脱走軍(榎本武揚)のうち軍艦1艦長鯨丸が入港した記録も残っています。以後、室蘭〜森間の定期航路開設、岩見沢までの鉄道敷設などで、本州と北海道を結ぶ海運交通の要所として発展してきました。

 
春から秋にかけて、噴火湾・室蘭近海では多くのイルカが回遊する海域として有名です。ミンククジラ、シャチ、オットセイなどの海洋ほ乳類との遭遇も可能性高く、ときには1,000頭単位のイルカの大海原を泳ぐ姿も見せてくれることがあります。日本国内では、小笠原、沖縄、高知、北海道では室蘭市と標津町だけがウォッチングの事業化を実施しています。地球史上最大の動物「鯨」にも出会えるかもしれないという夢とロマンに満ちた観光資源です。また地球岬、大黒島、金屏風、銀屏風など室蘭八景と呼ばれる景観を外洋から望む連景は心に刻まれるものです。

「豚肉」「玉ねぎ」「洋がらし」この絶妙な組み合わせが名物室蘭やきとり。明治42年に溶鉱炉に火が点り90余年、室蘭は北の鉄の町として栄えています。豚肉の動物性たんぱく質と道内で入手しやすく豚肉との相性の良い甘味ある玉ねぎ、薬味としての洋がらしが労働者の貴重なエネルギー源となり明日への活力となったのです。昔と変わらぬこの豊かな風味が今や全国的に注目されている名物となっています。室蘭でのやきとり屋は人口1万人当たり、約6.3店舗になるという統計もあるというほどです。室蘭のやきとり屋では、鶏肉を「とり精」、豚肉を「ぶた精」と区別したりもしています。
 
   
   
前のページへ ページのトップへ