支店紹介
 
事業所一覧
 
  旭川支店   岩見沢支店   恵庭支店   小樽支店   帯広支店   北見支店
  釧路支店   札幌市内各支店   空知支店   苫小牧支店   名寄支店   根室支店
  函館支店   室蘭支店   紋別営業所   八雲支店   留萌支店   稚内支店

〒040-0077 函館市吉川町5番41号
tel 0138-62-3355
 
fax 0138-62-3511
 
*営業時間 08:30-17:30
*組織 医薬営業本部
道南地区
*2007年11月26日、株式会社竹山函館支店と拠点を統合いたしました。


 函館は、横浜、長崎とともに日本で最初の貿易港として開港された港町のひとつです。異国情緒あふれるたたずまいは、欧米文化の影響を受けた元町周辺や和洋折衷の建物、旧領事館などに今も面影をとどめて見せています。函館という地名は、室町時代の1454(享徳3)年、津軽の豪族・河野政通が、宇須岸(ウスケシ=アイヌ語で湾の端という意味)と呼ばれていた漁村に館を築き、それが箱の形に似ていることから「箱館」と呼ばれるようになった伝えられます。明治2年、蝦夷が北海道となり、箱館も函館と改められました。異国の文化を受け入れ、明治維新には独立国の夢に揺れた函館には、日本初の様式城郭である五稜郭や土方歳三最後の地碑など、箱館戦争の痕跡が至るところに残され観光名所となっています。古さと新しさが織りなす、独特の文化が息づいてます。平成16年、戸井町・恵山町・椴法華村・南茅部町と合併し、札幌市・旭川市に次ぐ北海道第3の都市となりました。

 ナポリ・香港と並ぶ世界三大夜景のひとつと賞される函館山からの夜景は、とくに冬の澄んだ空気の時期が一番美しいと言われています。標高334メートルの函館山山頂へは、秒速7mの函館山ロープウェイが約3分で結びます。レストランや土産店も併設された展望台からは、函館湾と津軽海峡に挟まれた扇型の街並みが魅了します。また、夏には街の明かりだけでなく、津軽海峡の漁火も幻想的で印象的です。大三坂の上に建つ函館西部のシンボル「ハリストス正教会」は、ロシア風ビザンチン様式が特徴の教会で、ロシア司祭ニコライによって安政6年に日本初のギリシア正教会の聖堂となりました。鐘塔の細長い三角屋根や3つの小さなドームなどが特徴的な現在の建物は、大正5年に再建されたものです。鐘の音から「ガンガン寺」と呼ばれ親しまれています。 五稜郭の桜、赤レンガ倉庫群、恵山のもみじなど見どころ満載です。

 新撰組の副長と知られる土方歳三は、新政府軍と旧幕臣により京都鳥羽・伏見の戦いで旧幕府軍方に付き戦った。その後、新撰組の生き残りを率い北上、仙台で幕臣榎本武揚らとともに、当時の最新鋭軍艦「開陽丸」で、蝦夷地共和国設立の夢を持って函館に向いました。明治2年、反乱軍として総攻撃を受けた五稜郭の戦で敵弾に倒れました。榎本軍は降伏し、五稜郭を明け渡し戊辰戦争はこの箱館戦争の終結で幕を閉じました。函館市総合福祉センターの敷地内にある土方歳三最後の地碑前には、命日である5月11日はもちろん、一年中献花の絶えることがないと言われています。
 
   
   
前のページへ ページのトップへ