事業所一覧
 
  旭川支店   岩見沢支店   恵庭支店   小樽支店   帯広支店   北見支店
  釧路支店   札幌市内各支店   空知支店   苫小牧支店   名寄支店   根室支店
  函館支店   室蘭支店   紋別営業所   八雲支店   留萌支店   稚内支店
第32回ひまわりまつり2018
〜 2018年08月19日
夏を代表する花"ひまわり"が、約23ヘクタールもの広大な土地に咲き誇る北竜町。夏の日差しをいっぱいに浴びたひまわり畑をバックに家族やカップル、友人たちと写真を写せば、この夏最高の思い出になること間違いなし!
約30種類のひまわりが咲く"世界のひまわりコーナー"や"ひまわり迷路"は毎年人気のスポットになっています。
会場 ひまわりの里(北竜町字板谷143-2)
お問合せ 0164-34-2111(北竜町役場商工ひまわり観光・林務係)
関連リンク 北竜町ひまわり観光協会
※掲載内容が変更になる場合がありますのでご注意ください。

開港159周年記念 函館港まつり
2018年08月01日 〜 2018年08月05日
函館を代表する毎年恒例の夏祭り。8月1日の「道新花火大会」を皮切りに、2・3日には市民が"函館港おどり"や"函館いか踊り"を踊りながら街を練り歩く「ワッショイはこだて」が開催されます。
5日は歩行者天国によるステージや、「ワッショイはこだてコンテスト表彰式」などが予定されています。
花火大会は5部構成のプログラムで、音楽に合わせて打ち上げられるワイドスターマインや大玉・仕掛け・水中花火などが函館の夜空に大輪の花を咲かせます。
会場 函館市内一円
お問合せ 0138-27-3535(函館港まつり実行委員会)
関連リンク 函館港まつりオフィシャルサイト*HAKODATE MINATOMATSURI

旭川夏まつり
2018年08月02日 〜 2018年08月04日
夏の夜空を彩る「道新納涼花火大会」で幕を開ける旭川の一大イベント。約3,000名の参加者がそれぞれの浴衣や半纏を着て、観光旭川音頭に合わせ踊り歩く「市民舞踊パレード」や荘厳さと重量感ある夏まつりの華、「大雪連合神輿」や山車・踊り隊が練り歩く「烈夏七夕まつり」などが開催されます。さらに、「YOSAKOIソーランナイト」や「ディスコナイト」、「大雪さんろくまつり」など多彩なイベントが行なわれる旭川の短い夏を大いに盛り上げる3日間です。
会場 リベライン旭川パーク、平和通買物公園、昭和通ほか
お問合せ 0166-22-8413(旭川夏まつり実行委員会事務局)
関連リンク 北の大地がひとつになる『旭川夏まつり』

第71回 くしろ港まつり
2018年08月03日 〜 2018年08月05日
1899(明治32)年8月4日の釧路港開港50年を記念して始まった釧路の夏を彩るお祭りです。
会場は、釧路港、釧路川、北大通、釧路市観光国際交流センターなどで、にぎやかな音響と豪華な山車のパレード、そして参加者の熱気も手伝って街全体がお祭りムード一色に。
会場 釧路市北大通、釧路港、釧路川、北大通、釧路市観光国際交流センター、ほか
お問合せ 0154-55-3412(くしろ港まつり会事務局)
関連リンク くしろ港まつり|北海道釧路市ホームページ

江差・姥神大神宮渡御祭
2018年08月09日 〜 2018年08月11日
江差町3大まつりのひとつ「江差・姥神大神宮渡御祭」は、ニシン漁を終えた夏、豊漁に感謝を込めて始まったのが起源とされ、約370年の歴史と伝統を誇る行事です。神輿の後ろを京都祇園祭の流れをくむお囃子の調べに乗りながら、13台の山車(ヤマ)が渡御していきます。豪華絢爛の山車が一同に終結する姿は圧巻のひとことです。
次々に山車が新地町繁華街に集まる最終日夜には、引き手と見物客が一体となり、祭りは最高潮に盛り上がります。
会場 江差町内
お問合せ 0139-52-4815(姥神大神宮祭典協賛実行委員会/江差観光コンベンション協会)
関連リンク 江差町公式ホームページ(北海道檜山) - 江差・姥神大神宮渡御祭

勝毎花火 2018
2018年08月13日
北海道を代表する花火大会として知られ、道内はもちろん、全国各地からも観覧者が訪れるほどの人気を誇る花火大会。
約90分間のショーはエンターテインメント性が高く、コンピューター制御によって花火や照明、特殊効果を音楽と完全に一体化させている点も大きな見どころです。フィナーレでは、錦冠(にしきかむろ)花火が夜空一面に広がり、感動の瞬間を迎えます。
会場 帯広市十勝川河川敷特設会場
お問合せ 0155-22-7555(勝毎光風社)
関連リンク 勝毎花火【勝毎花火大会公式サイト 主催:十勝毎日新聞社】

平成30年 夜高あんどん祭り
2018年08月24日 〜 2018年08月25日
北海道3大あんどん祭りの一つで、道内唯一の喧嘩あんどんが「夜高あんどん祭り」です。大小十数基のあんどんが街中を練り歩く姿は迫力満点!クライマックスの高さ7m・長さ12m・重さ5tの大型あんどん同士のぶつけ合いは、毎年大勢の観客を魅了します。昨年は2日間延べ約5万1千人もの観光客が訪れました。
会場 沼田町市街
お問合せ 0164-34-6373(沼田町観光協会)
関連リンク 北海道沼田町| 沼田町夜高あんどん祭り

 
バックナンバー
 
 
 
 
 
〒079-8402 旭川市秋月2条2丁目5番22号
tel 0166-47-1311
fax 0166-47-3131
 
■営業時間 08:30-17:30
■組織 医薬営業本部 道東・道北地区
 
 
  ほくやく旭川支店は、支店長と営業担当15名、検査試薬室2名、管理部門31名の総勢49名からなる大所帯の支店です。上川支庁管内の中南部(旭川市を中心に北は比布、愛別、上川、南は富良野、占冠、南富良野まで)を管轄エリアとして日々営業活動を行っています。
 
  旭川は北海道の屋根ともいえる大雪山連峰をはじめ多くの緑に囲まれ、市内には大小160もの川が流れています(約730もの橋が架かる街)。近年一躍有名になった日本最北の動物園「旭山動物園」や「層雲峡温泉」「富良野」「美瑛」などの観光の拠点として、北海道の広大な自然を身近に感じることのできる街です。

【旭川ラーメン】
  旭川といえばラーメン、特に「醤油ラーメン(正油ラーメンと書くところが多い)」が最も有名でしょう。魚介類と豚骨・鶏がらでだしをとるダブルスープのものが比較的多く、スープに浮かぶ脂のお陰で、寒さが厳しい冬の旭川でも熱々で食べる事が出来ます。代表的な店としては、「天金」「蜂屋」「青葉」「特一番」「つるや」・・・と沢山ありますが、色々と食べ比べをしてお気に入りのお店を探してみてはいかがですか!?
 
【花人街道237】
  旭川市から南富良野、占冠に至る国道237号は「花人街道」と呼ばれ、各市町村がともに美しい景観作りを進める上での愛称となっています。その沿線の街である「ラベンダーの里・富良野」と「丘のまち美瑛」のお薦めポイントを少し紹介しましょう。

  ☆ファーム富田(中富良野町)
 :「おかむらさき」「ようてい」などのラベンダーのほかにもカリフォルニアポピー、姫金魚草、キンセンカなど色彩豊かな花々が出迎えてくれます。
*豆知識:ラベンダーって“木”だって知ってましたか?草じゃないんですよ。

  ☆フラワーランドかみふらの(上富良野町)
 :アスパラ、とうもろこし、じゃがいも、メロンなど旬の味覚が堪能できます。さらに4輪バギーや乗馬などの乗りもの体験も楽しめます。

  ☆四季彩の丘(美瑛町)
 :東京ドームの約3倍の大きさの畑には春から秋まで数十種類の草花が広がり、その先には雄大な大雪山連峰も眺めることができます。  お近くへお越しの際、立ち寄ってみては如何でしょうか。

(2010年8月 ほくやく旭川支店 N)
 
   
   
前のページへ ページのトップへ